アパレル販売員とアパレル業界を応援するメディア

FASHION ビジネス

新しい販売員のキャリア

投稿日:

販売員の未来やキャリアについてクローズアップした取材をこれまでファッション販売でやってきた。
例えば、キャリア30年、40年のベテラン販売員の方に、これまでのキャリアの歩み方や今の主な仕事などを聞いて、改めて販売って長く続けられる仕事なんだと感じた。

また、異業種からの転職や産休育休時短利用の販売員に話しを聞いて、デスクワークにはない面白さや時間の自由度の高さとかを感じたり。

ただ、ほんの数年前までの印象では「販売は続けようと思えばいつまでも続けることが可能な仕事だ」と思ってきたが、この1年くらいでその流れに少々変化が出てきているのかな?とちょっと思った。
それは過剰な出店からのいくら募集をかけても集まらない状況。更に人も集まらないし、服も売れないから出店を控えようという流れ。

販売にも効率化を…というわけではないだろうが、セルフレジの導入やらで、そもそも販売員を必要とする場面が変わってきている。本当に接客が必要なところにマンパワーを使う流れになってるのは確かだ。

その為、必要以上の販売員は雇わないという流れに向かっているんだろうな。

販売員のキャリアのことで、先日、販売員を辞めた方たちは何をしているの?という話に。
色々と過去に取材した方を思い返すと結構、異業種へ行っているパターンが非常に多い。
まぁ、販売員の仕事は多くの方と接する機会が多い分、コミュニケーション力や観察力、言葉使いなどが鍛えられ、他の業界に行っても絶対活躍できる人材に仕上がっていると思うので、それもありなのかもしれない…などと思った。

とはいえ、もったいない。
特にキャリアが長く、素敵な接客をしてくれる方が残らないのはもったいない。

では改めて、会社を辞めたとして、販売員がどんなキャリアがあるだろう?

よく耳にするのは「パーソナルスタイリスト」だ。
実際に取材したことのある何人かの販売員がこの仕事を始めていたりするので、比較的キャリアが描きやすいだろう。
最近はチェックしていないが、元販売員やファッション好きな子がスタイリスト登録して、買い物同行をするプラットフォームがあったりする。
確かにこれまでの経験が生かせるだろうし、そういう簡単に登録できる場所もあるから始めやすいのもあるだろう。
ただ、続けられるか、稼げるかは別の話ではあるが…

本当にキャリアを生かしたいならば「フリーランス販売員」や「自分の店を持つ」という選択肢もあるだろう。

あと何が考えられるかと思ってたところ、ZOZOで販売員の募集が開始された。

https://www.starttoday.jp/recruit/salesstaff/

新しく導入される「おまかせ便」に併せて募集をかけているわけだが、在宅で販売員ができるのは画期的だと感じた。
ただ、コーディネートを組み、あのレポートを書いて600円と思うと効率的にやらないとなって思うところ。
客側からすれば好みのコーディネートを提案してくれる人と出会えるチャンスはあるかもしれない。また、自分で服をネットで探すのが面倒になった人にはありがたい、キュレーター的な存在になるのかもしれないね。

まだ始まったばかりで未知ではあるが、新たな販売員のキャリアの道ができたということで、今後どうなっていくか注目していきたい。

TAGS

, ,