アパレル販売員とアパレル業界を応援するメディア

FASHION カルチャー

ミシン改造計画

投稿日:

思い立ったら吉日ですぐに動き出してしまい、仇になるたちです(笑)
先日、もっと快適に縫物ができるんじゃないか?
効率的に縫えるんじゃないか?と思って
ミシンの針板をメモリ付きに変えました!

ジャーン!!
マグネット定規もおそろいです。

ただ、ここまで快適にするのに結構面倒なことになったので、同じように職業用足踏みミシンをお使いの方(そんなにいないかw)へのアドバイスを残しておきますね。

ちなみにミシンはこちらでご紹介済み

愛用品のご紹介 その1「ミシン」

針板はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メモリ付き針板【ヤマト・メール便での発送OK】
価格:864円(税込、送料別) (2017/12/13時点)

「なんだ交換するだけじゃん」って思うでしょう。
交換したら、1つ目の問題「送り歯がほとんど出ない問題」が発生します。
針板が若干デフォルトのものより厚みがあり、送り歯がほとんど出なくなります。

このミシンは簡単に送り歯を上げる機能はありません。
なので、送り歯の下に薄いワッシャーを入れるしかないです。
ひとまず、ネジ頭のなめそうになりながら、ワッシャーを入れました。
分かるかなぁ

これで送り歯は以前のように出てくるようになりました。
これで目出度し…と思って、動かしてみるとどこからか「カツン…カツン…」って音がする。
送り歯を上げたことにより、針板と送り歯が若干ぶつかるようになったんですね。
これが2つ目の問題「針板vs送り歯問題」です(笑)

これを解消するのに、今度は針板の送り歯の穴を広げます。
精密ヤスリを入手して、手前側を削ります。
テストして、異音が出なくなるまで削ればOK!

ということで、何とかミシン改造できました。
来年こそはもう少し縫い仕事を増やしたいなと思っております。

TAGS

, , , ,