アパレル販売員とアパレル業界を応援するメディア

FASHION カルチャー

アニメでもっと先の未来を考える

投稿日:

先日、スタートトゥデイから着るだけで瞬時に身体を採寸するという画期的なガジェット(?)「ZOZO SUIT」が発表され、しかも無料配布をするという事でアパレル業界内だけでなく、色んな所で話題となっておりましたね。

http://zozo.jp/zozosuit/
SNS内では、これによって何が変わるか、何も変わらないのか、どうやって活用するのか、何に使うか、集められたビッグデータの行方は?などなど、様々なことが語られていて、私的には非常に興味深く読まさせていただいております。
人のそういう意見聞くのって楽しいじゃないですか。良いですね。

私は自分に現実を突きつけるために注文しました(笑)。
だって、自分で自分の身体をメジャーで計測できないじゃないですか。
かといって、人様に計測してもらうなんて、できる訳がないw
ということで、ひと先ずどんな物が届くか楽しみです。

 

そんな皆さんの思い描く未来を読んでいて、ふと思い出したのが『PSYCHO-PASS』です。


こちらから画像を拝借しました。→https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=11366

4年前に放送されたアニメですが、舞台は近未来の日本。
2112年の日本は、人間の心理状態や持っている性格などを数値化して、人を管理する社会になっているとのこと。

そのストーリーの中で私的に一番興味深かったのが「ホログラム技術を用いて、服や部屋の内装を瞬時に変えることができる」っているところ。
主人公の常守朱がその日の気分でお部屋の雰囲気を変えるんですよ!すごくないですか!
久しぶりに女友達とのランチに行くのですが、AIロボットと相談しながら服を変えていくんですね。
クローゼットを見て、あれこれ悩まなくていいんですよ。

すごいよなぁ。
やっぱり、いつかこういう時代が来るのかな?

こういう未来が着たら、まず基本服は間違いないくシンプルなモノで充分でしょう。
替えもほとんど必要ないでしょう。
デザイナーも素材だ何だ、パターンはどうだ、何て考えることもなく、絵を書くだけ良いってことになるでしょうね。
要は服のデジタルデータを買うだけ。面白いなぁ!
今のアパレルやインテリア業界は何だったんだ??ってなるのかなぁ、と未来に思いを馳せるのです。

 

どんなストーリーかは気になった方はHuluやFODとか色んな配信サイトで観られます。
見ていただいた方が早いのですが、何せ人が殺されまくるアニメなので強くおススメはしません(笑)
それでも面白そうと思った方は是非。
ちなみに「踊る大捜査線」 の本広克行氏が総監督として手掛けています。

TAGS

, , , , ,