アパレル販売員とアパレル業界を応援するメディア

FASHION デジタル

ネットリテラシーの早期教育?

投稿日:2013-09-25 更新日:

本当に良くTwitterはおバカ発見に役立っている。
つい先日は俳優の玉木宏さんのカード伝票をアップするという事例が発生。

玉木宏さん:免税店店員がカードの伝票撮影、ツイッターに

 俳優の玉木宏さん(33)が成田空港の免税店で買い物をした際に、クレジットカード番号16桁のうち13桁が記載された伝票を女性店員(23)がスマートフォン(多機能携帯電話)で撮影。同僚女性(19)が写真をツイッターに投稿したことが分かった。店を運営する「NAAリテイリング」(千葉県成田市)は玉木さんの所属事務所に謝罪し、玉木さんはカード利用を停止した。

 同社によると、玉木さんは16日午前、出国前に来店した。人材派遣会社から派遣されている店員が接客し、玉木さんがサインした伝票を撮影。同僚のパート従業員が17日午前0時ごろにツイッターで「今日玉木宏さんが来ました」とつぶやき、写真を投稿したが、約20分後にファンからの指摘で削除した。

過去にも、芸能人が来店したことを断りもなくTweetする(しかも内容が酷い。ダサいとか言っちゃう…)事例は
何度かありました。
こういうニュースを見聞きしていつも感じているのですが
サービス業は一刻も早くネットリテラシー教育をやって下さい!!

やっていると言われる企業もあると思いますが、それって店長やサブクラス
社員のみではありませんか?
パート・アルバイトさんにまで行き渡っていますか?

とは言え、ネットがここまで浸透するまでこういった話は無いわけではなく
ネットが発達する以前からあった「みんな見て!見て!」という気持ちが
ネットを使うことで拡大し過ぎて、挙句に個人情報を漏らして、迷惑なニュースに
なっているという状態なのかと。

上記の事件も同僚に知らせるまではまだ許せる(本来はダメ絶対!ですが)範囲
許せる余地が残っていたと感じますが、さらにTwitter拡散はアウト!ですわ。
この判断が、特にゼロ年代、デジタルネイティブ世代にはつかないのかと感じます。
(判断ついてない大人、特にネット使わない頭の固い方にもいますが…)

先日、取材で企業のEC担当者の方たちとお話しましたが
そこで「人×テクノロジーがカギを握る」という話しが出てきました。
その為にはネットに関する最低限の教育も必要になってくると感じたところでした。

何なら、私がその辺教えますか?
という話でした。

TAGS

,