アパレル販売員とアパレル業界を応援するメディア

FASHION ビジネス

ジーンズソムリエになりました!

投稿日:

ファッションウィーク中に待ちに待った合格通知が届きました。
タイトル通りではありますが、この度、ジーンズソムリエ検定試験に合格いたしました!
コレでちょっと心のつかえが取れました(笑)。

ちなみに昨年は東京で初開催の認定授与式に取材へ行ったのですが、今年はそれに参加することになりそうです。

 

そもそも「何故、ジーンズソムリエの試験を受けたのか?」って話ですが…
ジーンズが好きでよく穿いてるのも理由の一つですが、一応この業界に入ったきっかけは企画やものづくりがしたかったのです。
最初の10年くらいは何だかんだで、ものづくりやそれに至るプロセスに携わってきましたが、今はすっかりライター業が中心。
中の人業からちょっと離れても、どんだけ知識が頭に入っているか試したかったんですよね。
専門学校では素材からデザイン、パターン、縫製まで一通りのことは勉強してきたけど、それが身になってるか気になるじゃないですか。
ましてや、メーカーの色んな方々に取材する者として、ちゃんとものづくりを理解していた方が良いと思いましてね。

なんかこの考え方って、10年クラスのキャリアがある販売員さんが「今の腕を試したくて…」と言いながら、ロープレコンテストに出場する感じに似てるかも。
キャリアを積み重ねると、苦言をいう人も褒めてくれる人もいないので、何かにチャレンジしたくなるんですよ。
ましてやフリーランスですから、ギャラでしか善し悪しが図れません。

そんなこんなで、検定勉強は試験の1ヶ月前からスタート。
学校で教科書ベースでしか生地を作るまでの工程は勉強してませんので、何となくでしか覚えてない状態…
組織、素材は自分で最終仕上げをするユニークな教材があったので、まぁまぁ頭に入ってる。
パターン、縫製に関しては今でも今でもちょこちょこと何を作ったりしてますから、まぁまぁ自信はある。
接客は多くの優秀な販売員さんに取材してますので、受け売りですがこの辺もできるだろうと(;^_^A

いやぁ、久々の試験会場は緊張しましたし、最終問題は小論文でしたので緊張しましたね。
ライターだから小論文得意そうに見えるって?
そんなことは有りません(笑)
パソコンで書くなら良いけど、手書きになった途端、消去して書き直しできないから時間が掛かるので、別の意味で難関でした。

兎に角、無事合格しました。
でも得点とか回答は教えてもらえないとのことなので、残念。
ちなみにジーンズソムリエの合格率は年々低くなって、第3回は50%弱だそう。
今年はどうかしらね?

TAGS

, ,