アパレル販売員とアパレル業界を応援するメディア

FASHION デザイン

2018SSまとめ その3

投稿日:

第3弾。
今回でラストです。

重ね重ね…さらに重ね
ちゃんとしたまとめ記事は今後発売される「ファッション販売1月号」に掲載されますので、そちらも併せてよろしくお願いします。

今回も行ってきた順番にご紹介&感想色々

HIROKO KOSHINO ヒロココシノ
80年代、着物を彷彿させる感じは「日本を代表するデザイナーだよな」と改めて思いました。
それにしても大御所の方たちって元気だし、若々しいよなぁ。

 

HARE ハレ
初参加の前回は黒と赤でジャポネスク!でしたが、春夏の今回は真逆。爽やかな印象。
それ以上に彼(モデルくん)のこの後のアドリブに拍手だよ。リハでは大丈夫だったもんね。

 

D-VEC ディーベック
さすが釣り具メーカー。雨の演出は良いと思います。もう少し雨とか防水とか機能を見せられるような部分があっても良いなかな…って
始まる前からポツリポツリと上から何か落ちてるなぁと気になっていたのはココだけの話し(笑)

 

ENHANCE エンハンス
渋いロック。カッコいい女って感じ。私は好きです(笑)ショー音楽も良かったんだよね。服とバッチリあっていて楽しかったわ。
でも、客席スタンディングは写真撮る方としてはつらいねぇ。

 

GLOBAL WORK グローバルワーク
初参加。アダストリアとしては参加ブランド2つ目。ファミリーブランドという事で子供モデルも大活躍でした。
大人に混じって一人でウォーキングって緊張しただろうなぁ。
会場の演出もほっこりとしていたのもあって、穏やかな気持ちになりました。

 

UNITED TOKYO ユナイテッドトウキョウ
これまでショー以外の所で色々と話題が盛り上がっていましたが、初めてのショーが開催されました。
終了後に「この会場でご予約会をします」というアナウンスに驚きました。どれくらい受注できたのかしら?気になるところです。

一先ず、こんな感じでした。
また今度、総評というか感想を書こうかなと考えております。

TAGS

, ,