アパレル販売員とアパレル業界を応援するメディア

BLOG

水木サンの言っていることを真に受けちゃ駄目なんですよ(笑)

投稿日:2016-02-02 更新日:

先週、1/31に水木しげる先生のお別れ会がありました。
ギリギリまで行こうか、行かないかと考えあぐね
どうせ行列にはなるだろうから、Twitterで状況チェックをしてから
最終決断をしようとTLを検索してみたところ、思った以上に行列が予想され
早々に諦めた私です。

来場者にはイラストに「好きなことをやりなさい」というメッセージが入ったカード
が配られたとか…
(裏面も10年くらい前に書かれた、水木先生らしいお言葉が…。読みたい人は検索を)

 

生前、水木サンは「しないではいられないことをし続けなさい」とか「怠け者になりなさい」
という名言を残され、直に受け止めると「自分はこのままでいいんだ」と思って好きなことだけやってればいいんじゃないかって、気になるんですよね。

でも実際に好きなことだけやってたら、お金は稼げない。
食うに困りますよ。

水木サンの孫弟子にあたる、京極夏彦先生が「ほぼ日」で受けたインタビューですが…

京極 「のんびり、やりなさい」なんて言うじゃないですか。
「なまけものになりなさい」と、若者たちに。
これ、ちょっと聞くと
「あくせく働いてもしょうがないよ」って
メッセージだと、思うでしょ?
糸井  そう聞こえますが。
京極  違うんです。
糸井  ‥‥うん(笑)。
京極 「怠けていても食えるような人間になれ」ってことなんです。
糸井 そうだと思った(笑)。
京極 「水木さんは、天才でお金もあるから怠けられるんです」と。
「才能のない人は働かないと餓死するだけですよ」と言って、
わはははっとお笑いになる。

「ほぼ日」の睡眠論
京極夏彦はいつ眠るのか。第2回目
https://www.1101.com/suimin/kyogoku/2007-12-18.html

水木サンの言っていることを真に受けちゃ駄目なんですよ(笑)
テレビでこんなこと↓もいう方ですからね。

 

あ~ぁ、私もブーム作りてぇ(爆)。
最終的には無駄に動かなくても、マネーが入る方法を作らないと駄目ってこと。
頭を使わないと駄目ってことなんだなと…

 

2013年の4月にTumblrに流れてきたもので、ソースが分からないんだけど
京極さんはこんなことも言われてたようです。

http://caolix.tumblr.com/post/48567960552

好きなコトをただやるんじゃなくて、好きなコトを受け入れてもらえるために努力したって。
これって、ファッションも、音楽も、マンガも、小説も、好きなことでご飯食べたい人にとって大切なことだなって。
何となくだけど、ドラッガーの「顧客の創造」にも繋がると思いません?
もしかすると水木サンって、究極のマーケターだったのかな??

 

生前最後のインタビューっていうのが、現代ビジネスのサイトに先日アップされました。
また、そこで手厳しいことを仰られてました。

――漫画を描く上で、つきあっていて影響を受けたり、参考になったりした人物は居ましたか。

水木 居るにはいましたが、それほどでもないねえ。99パーセントは馬鹿だから、話せる人間は百人に一人ですよ。

――性に合わない人間ともつきあうべきだ(*136ページ参照)というようなことをゲーテはいっていますが、水木先生もそんな人たちともつきあってきましたか。

水木 馬鹿な編集者がきてもマネーのためにOKして、向こうがいっていることを理解してやるわけですよ。

――馬鹿な編集者が多かったですか。

水木 多いんじゃないですか、給料をもらっている人間の多くは餓死する心配がないから、あまり努力はしないし、自分を解放する技術というものがない。編集者に限らず、サラリーマンの8~9割が馬鹿なんじゃないですか。

――では、そういう馬鹿は、どうやって生きていけばいいのでしょう。

水木 自分を理解することが大事ですよ。自分のことを正しく見られない人っていうのは勘も鈍いし、成功や幸せとは縁遠い。水木サンのように、ゲーテを暗記するまで読むのはいいことです。

――知識ではなく教養を身につけないといけないわけですね。

水木 そうすれば水木サンのように頭が進みますよ。勘が鈍くて馬鹿なグループからひとりでも脱出できれば、世の中がよい方向に進むんじゃないですか(笑)。

水木しげる、最後のインタビュー
「生死について、人間について、自分が抱えていた疑問に答えてくれたのは、ゲーテの言葉だった」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47443

(*136ページ参照)っていうのは↓下記の書籍中のこと

京極さんは水木サンの事を「あこがれの老獪なじいさま」と仰っていて
私も酸いも甘いも知って、良い意味でそんな風に言われる人になりたいわ。って
ちょっとだけ思ってみた。
そう簡単にはなれないだろうけど…(笑)

TAGS